HOME > お知らせ > 子どもも両親もいない夫婦の場合誰が相続人となる?

子どもも両親もいない夫婦の場合誰が相続人となる?

2019.05.10 | お知らせ

新年号令和になり 新天皇のお姿をニュースで拝することで平成の終わりを感じ
令和の時代が明るくあることを願います。
皆さん遺言書にどんなイメージをお持ちでしょうか?もしかすると、自分には関係ないと
思っている方も多いのではないでしょうか。
もし、子供も両親もいない夫婦のご主人が亡くなった場合、誰が相続するのでしょうか
奥さんにできる限り財産を残してあげたいと思った時、どのような対策をとって置かなければ
ならないのでしょうか。

配偶者以外の相続人は相続順位が定められている

民法では、配偶者以外の相続人について順位が決められており、第一順位は子ども、
第二順位は両親、第三順位が兄弟姉妹となっています。
 また、相続には『代襲相続』という制度が設けられており、
被相続人よりも相続人が先に死亡しているときなどには、その者の
子どもが代襲して相続人となるとされています。
 今回のケースでは、子どももおらず両親も他界していることから、
相続人となるのは配偶者である妻と夫の兄弟です。もしも亡くなった兄弟に
子どもがいる場合は代襲相続が起き、その子ども(甥や姪)が相続人になります。

弟や代襲相続人がいると遺産分割の手間がかかる

子どもも親もいない場合、多くの被相続人は配偶者にすべての
財産を遺したいと考えるもの。しかし遺言書がなければ、遺産分割協議をして、
配偶者と兄弟で相続財産の分割について話し合わなければなりません。
相続人は多ければ多いほど、話がまとまりにくいものです。
 さらに、一般的に親や子どもに比べて、兄弟や甥姪は関係が希薄になりがちです。
また、行方のわからない相続人がいる場合、居所を突き止めて連絡を取るところから
始めなければなりません。こういったことから、相続人に兄弟や甥姪がいるときは、
遺言書を残しておかないと遺産分割には手間がかかることを知っておきましょう。

遺言書の作成やエンディングノートを準備するなど、相続に関するご相談は
お気軽に斎賀会計事務所へご連絡ください。

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-777-515

メールでのご相談はこちら